What's New

福島支援チャリティーバザー

 

福島など被災地の子どもたちの保養施設として運営しているシェアハウスでチャリティーバザーを開催します。収益は、被災者支援のために使わせていただきます。みなさんのご来場お待ちしています。

 

日時:2017年7月1日(土)10:00〜15:00

会場:シェアハウス(富山市上赤江町)

 

【朝とれ無農薬野菜の販売】

富山市呉羽と神通川の河川敷で栽培した無農薬野菜を販売。

一束100円とお買い得です。

今話題の西洋ふだん草(スイスチャード)、レタス、葉つき人参、大根、にんにく、タマネギ、きゅうり、なすなど。

 

【新鮮野菜をジュースで!】

とれたて野菜で作った野菜ジュースをその場で飲めます。一杯200円。

バナナカブの葉ジュース(安眠効果)、人参ジュース(アトピー対策)、他

 

【ランチタイム】 11時~

◎ビーフシチュー、野菜カレー 各500円

◎参鶏湯(サムゲタン)は限定10食800円!

食べやすい骨付きもも肉を高麗人参・甘草・せんきゅう・キバナオギ・五加皮・松の実・ナツメなどと煮込んだ韓国料理です。ご飯+手作りキムチ

いずれも畑で取れた新鮮な野菜を使っています。

 

【福島のお母さんの手作り小物】

ペットボトルカバー、コースター、“魔法のたわし”

(支援をうけるばかりでは、とバザーで活用して欲しいと編んでくれたものです)

 

【子ども用品】

洋服、靴、鞄、チャイルドシートなどたくさんあります。欲しい物が見つかるかも。

 

【コーヒー、ジュース販売】(むらカフェ)

【さをり織り展示販売&体験織り】(にぎやかさをりチーム)

https://www.facebook.com/saori.nigiyaka/

ともに、富山型デイサービスにぎやかの生きづらさを抱える人たちの事業です。

 

【子どもの遊び場コーナー】(イタズラ村子ども遊ばせ隊)

参加無料。材料や道具は準備します。

親子で楽しく皿回し、身近なもので遊ぼう(かざぐるま・コマを作ろう)

http://kawaigarizm.net/

 

【募集しています!】

シーツ、タオル、タオルケット、日用品、台所用品など。

 

【麻小物作りのワークショップ】(小物作家Gaju)

http://gaju00.blog71.fc2.com/blog-entry-1858.html

 

【無農薬の農作物と手作り味噌や加工品】(南砺の荒田さん)

 

会場の詳しい所在地、地図はチラシをご覧ください。

※チラシ掲載のツバキコーヒーは出店できなくなりました。

 

【参加者募集】南砺市荒田さんのアイガモ米と無農薬大豆で味噌づくり体験

 

福島に送る味噌を一緒に作りませんか?

仕込み味噌もお分けします。

 

日時:2017年3月27日(月)13:30~

会場:シェアハウス(富山市上赤江町)

 

持ち物:エプロン、三角巾、マスク

容器:桶・タッパー・袋など(発酵により膨らむので大きめのもの)

仕込み味噌の販売:大豆味噌 1kgあたり800円

 

◎原材料の品質

[大豆]40年無農薬・無化学肥料の転作畑で、去年は緑肥型自然栽培。手植え。天日乾燥。

[麹]40年無農薬・無化学肥料の水田のコシヒカリで作成

[塩]商品名シママース

 

終了しました。

ドキュメンタリー映画「太陽が落ちた日」上映会

 

3.11福島原発事故から6年目を迎えます。政府は安全宣言を出しましたが、住民は放射能汚染や生活再建の不安を抱えています。避難先でのイジメ、増え続ける自殺、積み上げられた汚染土……そうした問題はほとんど伝わってきません。

私たちは、ささやかですが被災者への物資支援や福島の子どもたちの保養の受け入れなどを通じて、福島で生活せざるを得ない人たちとつながってきました。

この映画が、フクシマの課題を私たちの課題として考える機会になればと思っています。

 

主催:「太陽が落ちた日」上映実行委員会(富山で保養+移住受け入れネットワーク、富山教区災害復興支援ネットワーク)

後援:被爆体験を継承する会

[上映会スケジュール]

2017年3月12日(日)10:30~12:00

 大菅商店(高岡市大手町12-4 )

 

2017年3月31日(金)13:30~15:00

 真宗大谷派富山別院(東別院)(富山市総曲輪2-8-29)

 

2017年4月1日(土)14:00~16:30

 サンフォルテ2Fホール(富山市湊入船町6-7)

 ◎親子室あり ◎上映後に意見交換。

 

太陽が落ちた日(Als die Sonne vom Himmel fiel)

監督:ドメーニグ・綾

出演者:土井清美、内田千寿子、肥田舜太郎ほか

上映時間:78分 /2015年/スイス・フィンランド合作

【あらすじ】

4歳からスイスに暮らすドメーニグ監督。母方の祖父・土井茂さんは原爆投下時、内科医だった。祖父は、8月6日その日から広島赤十字病院で被爆者を治療したが、そこで見たこと体験したことを生涯決して語ることはなかった。2010年、その祖父を映画製作の出発点とし足跡を辿っていくうちに、当時同じような体験をした看護師の内田千寿子さん、医師の肥田舜太郎さんに巡り会い、だんだんと祖父に近づいていく。そして2011年、東日本大震災により福島の原発事故が起きた。広島・長崎の原爆による内部被曝の話だけではなく、福島原発や日本の将来にも関わることを真剣に伝えようとするドキュメンタリー。

 

終了しました。

自家製梅干し販売します!

左:大350グラム入り 右:小300グラム入り
左:大350グラム入り 右:小300グラム入り

無農薬の梅で当会の中川さんが作った梅干しです。

購入希望の方はお問い合わせページからメールで問い合わせください。

売り上げはシェアハウスの維持費に充てます。

 

◎白梅干し(富山県産無農薬梅、塩分12%)

大:350グラム入り 1,200円 先着5パック

小:300グラム入り 1,000円 先着15パック

送料 500円(沖縄は別料金)

 

もうすぐ梅シロップもできるかも。お楽しみに。

宅配作業のお手伝い募集

毎月、福島の仮設住宅に野菜や日常品などの支援物資を送っています。

次回は2016年6月24日(金)午後1時~ 富山東別院教務所前です。

作業に協力して頂ける方、また野菜や調味料、乾物、嗜好品、日常品なども募集しています。

当日持参が無理な場合は、事前に東別院教務所に預けていただくか、ご連絡ください。

 

終了しました。

シェアハウス夏休みの利用受付開始

富山市内の一軒家をシェアハウスとして利用できます。

 

募集期間:2015年7月〜8月

場所:富山市上赤江町

アクセス:JR富山駅北口からライトレールで「下奥井駅」下車、徒歩7分

周辺:近所にスーパーやコンビニ、公園あり

共有設備:台所(自炊設備あり)、風呂、トイレ、洗濯機、洗面所、大人・子ども用自転車、三輪車、必要があれば自動車もお貸しします。

タオル類、調味料など備品はご自由にお使いください。


利用料金:

◎基本料金 保護者1人+子ども(小学生以下) 1,500円/1日

◎追加料金 1人(中学生〜大人)増えるごとに 700円/1日

※小学生以下の子どもは2人以上でも追加料金なし

 例)母+子ども(小学生2人+高校生1人)で2泊3日の場合

  (1,500円+700円)×3日=6,600円

 

お風呂の利用について

シャワーの利用は上記の基本料金に含まれますが、浴槽にお湯をはって入浴する場合は追加料金をお願いします。

◎浴槽利用料 400円/1回

※水道料金が高いためご協力お願いいたします。

※近くに稲荷鉱泉(銭湯、入浴料420円)、また市内には安く利用できる温泉施設もあります。


その他

自動車の利用については相談ください。

 

これまで利用してくださるご家族の経済的負担を考慮してできるだけ低料金で提供してきましたが、シェアハウスの水道料金や備品メンテナンスなど維持費を賄わなければ受け入れ事業を続けることができないため、ご理解いただきご協力いただけるとありがたいです。

 

その他:

利用は一日から可能。

車がなくてもライトレール(路面電車)、バスで交通は便利です。

地場ものの野菜の差し入れあり。

食事を希望される方はご相談ください。

お問い合わせは、富山で保養+避難受け入れネットワークへメールフォームで。

 

シェアハウスの利用は随時受け付けしています。シェアハウス以外にも一軒家などありますので問い合わせください。