What's New

【参加者募集】南砺市荒田さんのアイガモ米と無農薬大豆で味噌づくり体験

 

福島に送る味噌を一緒に作りませんか?

仕込み味噌もお分けします。

 

日時:2017年3月27日(月)13:30~

会場:シェアハウス(富山市上赤江町)

 

持ち物:エプロン、三角巾、マスク

容器:桶・タッパー・袋など(発酵により膨らむので大きめのもの)

仕込み味噌の販売:大豆味噌 1kgあたり800円

 

◎原材料の品質

[大豆]40年無農薬・無化学肥料の転作畑で、去年は緑肥型自然栽培。手植え。天日乾燥。

[麹]40年無農薬・無化学肥料の水田のコシヒカリで作成

[塩]商品名シママース

 

申し込み:中川まで Tel.090-2032-4247 n-miyuki@ty2.fitweb.or.jp

 

締め切り:3/20(月)

ドキュメンタリー映画「太陽が落ちた日」上映会を開催します!

 

3.11福島原発事故から6年目を迎えます。政府は安全宣言を出しましたが、住民は放射能汚染や生活再建の不安を抱えています。避難先でのイジメ、増え続ける自殺、積み上げられた汚染土……そうした問題はほとんど伝わってきません。

私たちは、ささやかですが被災者への物資支援や福島の子どもたちの保養の受け入れなどを通じて、福島で生活せざるを得ない人たちとつながってきました。

この映画が、フクシマの課題を私たちの課題として考える機会となれば幸いです。

 

主催:「太陽が落ちた日」上映実行委員会(富山で保養+移住受け入れネットワーク、富山教区災害復興支援ネットワーク)

後援:被爆体験を継承する会

[上映会スケジュール]

2017年3月12日(日)10:30~12:00

 大菅商店(高岡市大手町12-4 )

 問い合わせ▶070-5465-4257(大菅)

 

2017年3月31日(金)13:30~15:00

 真宗大谷派富山別院(東別院)(富山市総曲輪2-8-29)

 問い合わせ▶090-2090-0382(見義)

 

2017年4月1日(土)14:00~16:30

 サンフォルテ2Fホール(富山市湊入船町6-7)

 ◎親子室あり ◎上映後に意見交換などを予定。

 問い合わせ▶090-2032-4247(中川)

 

太陽が落ちた日(Als die Sonne vom Himmel fiel)

監督:ドメーニグ・綾

出演者:土井清美、内田千寿子、肥田舜太郎ほか

上映時間:78分 /2015年/スイス・フィンランド合作

【あらすじ】

4歳からスイスに暮らすドメーニグ監督。母方の祖父・土井茂さんは原爆投下時、内科医だった。祖父は、8月6日その日から広島赤十字病院で被爆者を治療したが、そこで見たこと体験したことを生涯決して語ることはなかった。2010年、その祖父を映画製作の出発点とし足跡を辿っていくうちに、当時同じような体験をした看護師の内田千寿子さん、医師の肥田舜太郎さんに巡り会い、だんだんと祖父に近づいていく。そして2011年、東日本大震災により福島の原発事故が起きた。広島・長崎の原爆による内部被曝の話だけではなく、福島原発や日本の将来にも関わることを真剣に伝えようとするドキュメンタリー。

自家製梅干し販売します!

左:大350グラム入り 右:小300グラム入り
左:大350グラム入り 右:小300グラム入り

無農薬の梅で当会の中川さんが作った梅干しです。

購入希望の方はお問い合わせページからメールで問い合わせください。

売り上げはシェアハウスの維持費に充てます。

 

◎白梅干し(富山県産無農薬梅、塩分12%)

大:350グラム入り 1,200円 先着5パック

小:300グラム入り 1,000円 先着15パック

送料 500円(沖縄は別料金)

 

もうすぐ梅シロップもできるかも。お楽しみに。

オープンシェアハウス開催します

2016年7月3日 10時〜13時

近所の方にも呼びかけて、シェアハウスでバザーなどを行います。

夏休み受け入れの準備として、シェアハウスの掃除なども行います。

お手伝いできる方よろしくお願いします。

 

終了しました。

宅配作業のお手伝い募集

毎月、福島の仮設住宅に野菜や日常品などの支援物資を送っています。

次回は6月24日(金)午後1時~ 富山東別院教務所前です。

作業に協力して頂ける方、また野菜や調味料、乾物、嗜好品、日常品なども募集しています。

当日持参が無理な場合は、事前に東別院教務所に預けていただくか、ご連絡ください。

 

終了しました。

【公開講座】のお知らせ

鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画「小さき声のカノン」に出ていた福島県二本松市真行寺の住職、佐々木道範さんが富山に来られるそうです。映画では、福島に残ることを決め日々の暮らしのなかで子どもたちを被ばくから守ろうと奮闘する住職やママたちが描かれていました。

お話聞きたい方はぜひご参加なさってみては。参加無料だそうです。

 

日時:2016年6月10日(金)13時30分~

場所:真宗大谷派富山別院[東別院](富山市総曲輪2-8-29、Tel.076-421-3272)

講師:佐々木道範さん(福島県二本松市真行寺住職、NPO法人team二本松理事)

真宗大谷派富山別院HP

 

終了しました。

NPO法人にぎやか19周年記念

「小さき声のカノン」上映会&トークセッション with 鎌仲ひとみ監督

日 時:2016年3月27日(日) 13:00〜16:30 (12:30〜 受付)

場 所:サンシップとやま 1F 福祉ホール

参加費: 1,000円

主 催:NPO法人にぎやか

    TEL 076-431-0466

    ◎託児あり(無料。にぎやかへ前日まで申し込みください)

    ただいまフェイスブックのイベントで情報発信中!

 

【プログラム】

◎映画上映「小さき声のカノン——選択する人々」(119分)

◎トークセッション(60分)

 鎌仲ひとみ監督×河内かおりさん(ソーシャルワーカー)

 

福島―チェルノブイリ、「被ばく」から子どもを守る母たちのドキュメンタリー映画の上映会を、富山型デイサービスを運営するNPO法人にぎやかが主催しますよ!

「介護と関係ないねか~!」って指摘される方もあるかもしれません。でも、考えてみてください。介護現場は、制度の縛り、行政の理不尽な指導、職場の人間関係や事業所の運営方針など、介護とは関係のないことで悩むことが多いのが現実ではないでしょうか。

「当たり前のことが当たり前にできないこと」

きっと、この映画から問題の根源が見えてくるはずです。

ぜひ上映会に参加して現代社会に潜む問題に触れ、未来への選択の参考にしませんか。

介護と関係なくてもどなたでも観にきてくださいね〜。

 

【トークセッション登壇者プロフィール】

鎌仲ひとみ[映像作家]

氷見市出身。NYのペーパータイガーに参加して メディア・アクティビスト活動。帰国後、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」(2003)は、国内外で受賞、上映。核や被ばく、原発の問題を入口に、人の命や暮らしについて見つめるドキュメンタリー映画を世に送り出し続けている。主な作品は、「六ヶ所村ラプソディー」(2006)、「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010)、「内部被ばくを生き抜く」(2012)。

鎌仲ひとみ公式サイト

 

河内かおり[ソーシャルワーカー]

東京都出身。カリフォルニア州サンディエゴにて、主に終末医療患者や発達障害者を対象にソーシャルワーカーとして就業。ソーシャルワーカーの本分とは、声なき人の声になること。帰国後、スクールカウンセラーや企業勤務者への心理相談の仕事を始めたが、東日本大震災と結婚を契機に、夫の郷里である富山県魚津市に移住。娘を授かり、できる限りの食材を自然農で自給することで、心と体が真に健康である暮らしを目指す。社会活動として、コミュニケーション講座の講師も行っている。

 

映画について詳しくは

「小さき声のカノン——選択する人々」公式サイト

 

終了しました。

シェアハウス夏休みの利用受付開始

富山市内の一軒家をシェアハウスとして利用できます。

 

募集期間:2015年7月〜8月

場所:富山市上赤江町

アクセス:JR富山駅北口からライトレールで「下奥井駅」下車、徒歩7分

周辺:近所にスーパーやコンビニ、公園あり

共有設備:台所(自炊設備あり)、風呂、トイレ、洗濯機、洗面所、大人・子ども用自転車、三輪車、必要があれば自動車もお貸しします。

タオル類、調味料など備品はご自由にお使いください。


利用料金:

◎基本料金 保護者1人+子ども(小学生以下) 1,500円/1日

◎追加料金 1人(中学生〜大人)増えるごとに 700円/1日

※小学生以下の子どもは2人以上でも追加料金なし

 例)母+子ども(小学生2人+高校生1人)で2泊3日の場合

  (1,500円+700円)×3日=6,600円

 

お風呂の利用について

シャワーの利用は上記の基本料金に含まれますが、浴槽にお湯をはって入浴する場合は追加料金をお願いします。

◎浴槽利用料 400円/1回

※水道料金が高いためご協力お願いいたします。

※近くに稲荷鉱泉(銭湯、入浴料420円)、また市内には安く利用できる温泉施設もあります。


その他

自動車の利用については相談ください。

 

これまで利用してくださるご家族の経済的負担を考慮してできるだけ低料金で提供してきましたが、シェアハウスの水道料金や備品メンテナンスなど維持費を賄わなければ受け入れ事業を続けることができないため、ご理解いただきご協力いただけるとありがたいです。

 

その他:

利用は一日から可能。

車がなくてもライトレール(路面電車)、バスで交通は便利です。

地場ものの野菜の差し入れあり。

食事を希望される方はご相談ください。

お問い合わせは、富山で保養+避難受け入れネットワークへメールフォームで。

 

シェアハウスの利用は随時受け付けしています。シェアハウス以外にも一軒家などありますので問い合わせください。